笑顔の女性とカプセル
  • ホーム
  • ピルとコンドームとアロマセラピーについて

ピルとコンドームとアロマセラピーについて

花を持って、笑う女性

避妊においてコンドームの失敗率の数字では、3%から14%になります。
結果的な数値の幅が大きいのは、装着の仕方による違いがあります。
使用するにしても装着に誤りがある場合は、失敗に終わる可能性が高くなります。
正しいコンドームの装着によって、3%にまで確立は下げることが出来るものの、装着が正しくできないと14%にまで数字はあがります。
男性のコンドームの装着が未熟であれば、女性は7年間に1回のペースで妊娠をすることになります。
確率の数字ではこうであっても、コンドームを利用しても妊娠してしまうケースもあります。
日本ではコンドーム中心の避妊法が多いために、予想外の妊娠の確率が高いです。
そのため、日本女性にも受け入れられるようになた、低用量ピルを利用する方法があります。
黄体ホルモンのプロゲステロンと、卵胞ホルモンのエストロゲンの合剤であるのが低用量ピルであり、ダブルのホルモンのより排卵の抑制をするので、避妊効果へと繋げることができます。
50μg未満に卵胞ホルモン量をセーブしているのが、低用量ピルになります。
それよりも配合が多くなったら、中容量や高容量になりますが、あまり高いものは副作用が大きいために、通常では使われることはありません。
医薬品の作用には必ず反作用があり、 劇的に利くものは身体のどこかに負担がかかるのが方程式です。
アロマセラピーのような、お手入れで皮膚や肺より、ほんの少しの量によって成分が体内に侵入をするのみでも、人間の体には影響力を及ぼします。
経口での強いお薬の投与となると、腎臓や肝臓に必ず負担がかかるはずです。
経口摂取は劇的な効果も期待はできますが、反面でリスクが高いのも否めません。
いや空品利用においては、注意を払う必要も出てきます。

人気記事一覧