笑顔の女性とカプセル
  • ホーム
  • ピル服用でホルモンバランス調整

ピル服用でホルモンバランス調整

傘を持っている女性

女性の身体は女性ホルモンに大きく影響を受けていて、分泌量が崩れてしまうと生理不順や肌荒れ、若年性更年期障害、薄毛など様々な症状を引き起こしてしまいます。
ストレスや睡眠不足、栄養不足などが原因だと言われていますが、生活習慣を正してホルモンのバランスを整えることは難しいこともあります。
そこで利用したいのがピルです。
ピルと言えば避妊薬というイメージがありますが、実は避妊以外にも様々な女性の不調の改善に使用されています。
ピルには合成された女性ホルモンが配合されています。
服用することで血液中の女性ホルモンの濃度が一定量に保たれるようになります。
ピルに配合されている女性ホルモンの量によって身体も変化していき、生理の周期が約28日周期に整ったり、女性ホルモンの不足で起こる若年性更年期障害や薄毛などの改善効果が期待できます。
生理痛やPMSも女性ホルモンの分泌バランスが原因だと言われており、その改善の効果も見られます。
注意点としては、薬で女性ホルモンの量をコントロールして自分本来のホルモンのバランスが大きく変わってしまうため、最初は吐き気や嘔吐、頭痛、腹痛、胸の張り、むくみなどの副作用を感じる可能性があります。
これは1シート28日分のピルを2~3シート服用すれば症状が改善していくことがほとんどです。
た、これらの症状の改善のために処方してもらうピルは、ドラッグストアなどで販売されていないため病院に行って処方してもらわなければなりません。
症状によってはピルの処方が健康保険適用外になるケースがあり、全額自費負担を行わなければなりません。
診療費とピルの代金を含めて1ヶ月5000円程度かかってしまうので注意が必要です。

人気記事一覧